【口べた必見】会社の気になる女性とのデートで使える会話のテクニックについて

この記事は2分で読めます

女性との会話において、意識しておくだけでもその後の女性に与える印象が大きく変わるであろうという項目があります。

これは女性とのデート中の会話だけではなく、
会社などのコミュニティ内でのコミュニケーションを図る際にも有効なテクニックです。

記事を読み進めるにあたって、これって当たり前のことだろ?

と感じるかもしれませんが、わかっていても意外と出来ていない人は多いものです。

気になる女性だからこそ、間違った方向へと進んでしまっている可能性もあるのです。
自分の気持ちを空回りさせること無く、自分の望む方向へ相手との関係性を進展させるためにも、是非とも覚えておきましょう。

(PR)↓↓手軽に恋人探しを楽しめるおすすめサイトです。
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

images (1)

話し上手より聞き上手な男性がモテるのは当たり前

元来女性というのは、自分の話をしっかりと聞いて、受け入れてくれる男性に好感以上のものを感じる傾向にあります。

自分アピールに終始する男性というのは、異性同性関わらず、あまり良い印象は与えませんよね。
そのあたりは良くわかってらっしゃるかと思います。

女性にモテる会話というのは、
なにも面白い話が出来たり、場を盛り上げるような雰囲気作りに長けた男性だけの特権では無いのです。

話し上手は聞き上手だという言葉がありますが、
これはあくまでも黙って聞いていることが良しということではなく、要所要所でしっかりと反応を示してあげることが前提であるわけです。

驚いたり、茶化したり、反論したりといったレスポンスがあってこそ、
相手も自分が話したかったこと以上の会話が出来ることに楽しみを覚えるわけです。

女性も、デートの最中に自分の中から面白い話を引き出してくれる男性といると楽しいと感じるし、また会いたい、もっと話したいと感じるでしょう。

しかしながら、誰もがみんな、相手から上手く話を引き出せるわけでは無いことも確かです。

わかっていても、これも一種の才能か何かのように思ってしまい諦めている人が多いのではないでしょうか?

しかしこうしたことが苦手な男性が、女性との会話を成功させることが出来ないのかと言えば、そうではありません。
聞き上手になれるためにまず意識するべきことは、
彼女とのデートや会話の前に、彼女が喜んで話をしている姿を強くイメージしてみることです。

好きな女性が自分の前で楽しそうに話をしている姿を、イメージだけではなく現実に見たいという欲求も強くなってくるはずです。

イメージから結果へと結びつけるためにはどうすべきなのか?

そのために自分が行う努力というのは、たとえ下手であったとしても、絶対に彼女に対して伝わります。

例え上手く出来なくても、あきらめずに努力をするのです。

女性はたとえ下手でも、自分を喜ばせる為に話を引き出そうとしてくれる姿にその男性からの誠意を感じ、必ずや好感以上のものを感じてくれるはずです。
しっかりと相手の喜ぶ姿をイメージし、それを現実のものとするための努力をしていきましょう。

女性との会話やコミュニケーションに不安があるならば、すぐ下で紹介している実録音声プレゼントを受け取ってみて下さい。
必ずや、参考になるはずです。

現在自分の気になる女性に対して効果的なアプローチをする方法として、
その実録音声と理論をまとめた教材を期間限定で配布しています。

すぐ下のバナーから無料配布しているので、是非受け取ってみてくださいね。

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女性話題
  2. 冷めた女性
  3. 1
  4. normal
  5. デートコース失敗
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人「湊雄一」

o020002001425549730761

こんにちわ。ミナトです。
若いころは軽い女性恐怖症で、恋愛なんて自分には関係ない世界だと思っていました。

しかし、私もいっぱしの男。
一生懸命に自分を磨き、恋愛について心理学などを少し勉強をしたことをきっかけに、28歳にしてはじめて彼女ができました。

女子大での講師をしていた経験もあり、少しずつ女性との関わり方を身につけていきました。
今では様々な女性と関係を持てるようにもなり、かつての女性恐怖症だった自分からすると想像もつかないような生活をしています。
かつての僕のように、恋愛をしたくてもなかなか前に踏み出せない男性のために、女性にモテるための会話術や行動の起こし方を解説していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。